今朝見た夢を忘れない方法

今朝見た夢を忘れない方法

夢占いをはじめて利用する人は、どうやって夢を覚えておけばいいのか、どうやって診断してもらえばいいのか、ということが分からないのでないでしょうか?
実は、夢占いで大切なのは「キーワード」です。その理由を説明しましょう。

起きてすぐにメモできる

朝起きてからすぐというのは多くの人というのは、仕事などの準備や朝の身支度、家事に追われていることが多く、なかなかすぐに夢占いをしてもらうことができる状況にありません。
そこで、鑑定してもらいたい夢の内容は、起きてからすぐに「キーワードを入れてメモ」しておくことをオススメします。
これであれば朝急いでいて時間がなくても、メモに走り書きするだけでいいので手間を取りませんし、必要なものも筆記用具だけですみます。携帯のメモ機能なども便利ですしどこでも書き込むことができるのでオススメです。


すぐに思い出すことができる

起きてすぐに「この夢は一度夢占いで鑑定してほしい!」と強く思ってもそれだけではすぐに夢の内容を忘れてしまいがちで、起きてから2,3時間もすれば夢の内容というのは結構あやふやになってしまうものです。
夢を覚えている間にすぐに無料サイトや電話占いで鑑定してもらうことができれば一番いいのですが、忙しさなどの関係でそれがかなわないひとも多いです。
そこで上記にも書いたように、キーワードで単語だけでもメモすれば、すぐに思い出すことができるのです。
例えば「リスといっしょに木の実を食べた」などメルヘンで現実ではありえない夢を見たとします。これを「リス 木の実 一緒に」というように単語でメモしておくだけでも、そのキーワードを見ただけで簡単に夢の内容を思い出すことができます。
あとはこのメモを見ながら自分の時間が空いたときに鑑定してもらえばいいだけです。

鑑定する側も分かりやすい

夢占いは、その夢を構成する要素の組み合わせを一つひとつ見て、どんな精神状況にあるのか、どんなお告げのメッセージが隠されているのか、ということをゆっくりとひも解いていく占いです。
そのため、夢を構成する要素は少しでも多い方が占い師も夢の内容が分かりやすいので、キーワードとして占い師にたくさん伝えるようにしてください。
夢の内容を少しでも詳しく把握しておくことによって、占い師もより正確な鑑定結果を出すことができます。
また、無料診断サイトで鑑定してもらう場合も、キーワードで検索するパターンがとても多いので、夢を構成していた要素を少しでもキーワードとしてたくさん思い出し、一つひとつ調べてみましょう。


当サイトの占いはこちら♪

相性占い
片思い占い
出会い占い
結婚占い
復縁占い
不倫占い

↓夢占いに戻る↓
夢占い

 

 



コメントなど、ご自由にどうぞ!

コメントを送る!




このページの先頭へ戻る